YUKIMONOについて

●盆栽鉢への想い

盆栽の鉢というと、あの茶色くて平たい、松が植えられた渋い器をイメージされる方は多いことでしょう。

でも盆栽の鉢にはもっとさまざまなかたちや色、デザインがあるのです。

可愛いらしいものや、おもしろいテクスチャ、伝統の形式や、美しい絵が描かれた鉢……。

道端のちょっとした草でも、こうした素敵な鉢に植えてみると、ユニークな芸術品に生まれかわります。

植物と鉢の組み合わせを、もっと気軽に楽しんでいただけたら。

たくさんの素敵な盆栽鉢を、もっと多くの方々にご覧いただけたら。

そんな想いから、YUKIMONOは始まりました。


●二つのミッション

盆栽の鉢を知るうちに

日本の盆栽鉢は海外でとても人気があり

世界中の盆栽愛好家が憧れていることを知りました。

特に常滑焼の盆栽鉢は

海外の盆栽愛好家の間では”TOKONAME”と呼ばれ、

盆栽鉢の代名詞となっています。

YUKIMONOは、日本の盆栽鉢を作り手のストーリーとともに海外へ届けています。

(※この詳細はダイヤモンドオンラインで記事になっています。リンクはこちら)

同時に、世界では有名な日本の盆栽鉢に、日本国内がもっと注目してほしくて

盆栽鉢にフォーカスしたお店「盆栽鉢ストアゆきもの」を運営しています。


世界ではあらゆる世代が、日本で思う以上に盆栽を楽しんでいます。

プロの盆栽家や、盆栽鉢の専業作家も、海外で生まれています。

YUKIMONOは仕事で海外を訪れるうちに

各地の盆栽鉢作家と知り合い、彼らが作るスタイリッシュな鉢を目にしました。

自由な発想とその国の風土文化がにじむ、個性あふれる鉢でした。

盆栽は鉢と植物で景色を表すもの、といわれています。海外作家がつくる盆栽鉢からは

ユニークな景色が表れます。海外作家の盆栽鉢をご紹介することで

盆栽がもっと自由に楽しくなれたら……そんなふうに思っています。